自己破産/個人再生の専門サイト メリット・デメリットから必要な費用・報酬、手続き関係までわかりやすく解説いたします。

自己破産・個人再生解決.com

自己破産・個人再生をわかりやすく解説

自己破産したら家族に影響するデメリットとは?

自己破産することで家族にデメリットとして影響することはあるのでしょうか?

たとえば「家族が住宅ローンを組むときに影響が出る?」「家族の財産まで没収される?」など

 

また、自己破産をすることは家族にばれるのでしょうか?

家族にバレやすいケースについても説明します。

自己破産をしても原則として家族への影響はありません。

自己破産をしても家族に影響はありません

よく、家族の就職に影響があるか心配される方がいますが、影響はありません。

また、ご家族が住宅ローンを組む際の審査などにも影響しません。

家族に影響がある例外は…

①保証人になっている場合です。

奨学金などで家族が保証人になっていれば、自己破産をすると保証人に請求がいきます。

 

②家族から借金をしている場合は、家族に借りている借金も自己破産の対象になります。債権者として手続きに加えることになりますので裁判所からご家族に通知が行くことになります。

自己破産をしたら家族の財産に影響はありますか?

家族の財産に影響はありません。

自己破産をしても家族の預金や所有するものまで没収されるわけではありません。

ただし、名義は家族でも実質は本人の預金と判断できる場合(破産直前の預金の移動)は、処分の対象になる可能性があります。

家族が保証人になっている場合は影響しますか?

本人が自己破産をすると保証人になっている家族に請求がいきます。

よくあるケースは奨学金です。親が保証人になっている場合は子供が自己破産をしたら今後は保証人が支払うことになります。

家族に自己破産がばれるケースを紹介

家族が保証人になっていたらバレる!

家族が保証人になっている借り入れがあれば、自己破産をすると保証人である家族に請求が行くことになりますので、自己破産をすることがバレてしまいます。

(自己破産する前に保証人には事前に伝えましょう)

 

よくあるのが奨学金の保証人です。

機関保証ならいいのですが、親や叔父叔母などを保証人にしている場合は破産する前に相談しましょう。

家族から借金しているとバレる!

家族から借入をしている場合は、家族に借りている借金も自己破産の対象になります。

債権者として手続きに加えることになりますので裁判所から通知が行くことになります。

 

家族からの借り入れだけ手続きから除外することはできません。

自己破産家族にばれる
同居家族には書類を提出してもらう必要がある!

同居している家族がいる場合は、自己破産を申し立てる際に裁判所から同居家族の収入を証する書面などの資料の提出を求められるケースがあります。

 

普段から個々で管理している場合などは、提出を求める際に理由を聞かれてバレるケースもあります。

(同居している収入がある家族には、自己破産を内緒ですることは難しいと考えましょう)

司法書士法人黒川事務所

お気軽にご連絡ください。

03-5830-6631
所在地

(渋谷オフィス 渋谷駅3分)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階

(梅田オフィス 西梅田駅5分)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階

(横浜オフィス 横浜駅5分)
横浜市西区北幸2丁目5-13
西口幸ビル505


(上野オフィス 上野駅5分)
東京都台東区東上野4丁目6-5
日比谷不動産ビル1階

営業時間

平日10時~20時
土日10時~17時
(祝日休み)