自己破産の専門サイト【東京・横浜版】 自己破産のメリット・デメリットから必要な費用・報酬、手続き関係までわかりやすく解説いたします。

東京・横浜・千葉・埼玉で安い費用で自己破産をお探しなら

自己破産解決.com

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-7-3 第1野口ビル6階
                  司法書士法人黒川事務所

0120-913-596

相 談
受付時間

平日10:00~21:00
土日10:00~17:00
祝日 休み

自己破産に関する相談は自己破産解決.com

自己破産は住所地の裁判所で手続きをします。

自己破産の手続きは、住所地の地方裁判所に申し立てます。

どこに依頼するか検討する際には裁判所の管轄も考慮して検討しましょう。

自宅の近くがいいのか?勤務先の近くがいいのか?都会の事務所に郵送で依頼する?

それぞれのメリットやデメリットを説明します。

自己破産はどこに依頼するのが一番いいの?

管轄(住所地の裁判所)を考慮して探してください!

自宅の近くの事務所がいい?

自己破産の手続きには様々な書類を集めてもらう必要があり、打合せのため何度か事務所に足を運ぶ必要があります。

依頼した事務所が自宅の近くであれば、非常に便利です(メリット)。

ただし、近すぎると周りの目も気になることがあるかもしれません(デメリット)。

平日仕事をしていて夜間か土日しか事務所に出向けない方は、平日の日中しか営業していない自宅近くの事務所に依頼した場合は、来所するたびに会社を休む必要がでてきます(デメリット)。

職場の近くがいい?

職場の近くの場合は、会社帰りに事務所の寄ることもできますので打合せ等は非常にスムーズです(メリット)。

ただ、あまり遠方の裁判所の管轄の依頼は受け付けていないこともありますので相談する事務所に事前に確認する必要はあります。

地方の方で郵送などで都心の事務所に依頼するのはお勧めしません。

都心の事務所は多く依頼を受けて手続きを処理しているので、スムーズに手続きが進むかもしれません(メリット)。

しかし、裁判所に出向く必要がありますので、その分の交通費や日当など費用が増える可能性もあります(デメリット)。

また、必要な書類集めも郵送でやり取りするのは非常に手間がかかります(デメリット)。

まとめ

自宅近くか職場近くで、何度も足を運ぶこと・事務所の営業時間も考慮して総合的に判断する!

当事務所で対応しているのは…

東京地裁、横浜地裁、さいたま地裁、千葉地裁の管轄です。

ただし、支部などで一部の遠方の管轄はお断りする場合があります。

自己破産の手続きに関するその他の記事

自己破産の手続き期間はどれくらい?

依頼したらどれくらいの期間で手続きは終わるのでしょうか?

目安は約1年ですが…)

手続きの流れを説明しています。

必ず免除されるんでしょうか?

自己破産すれば必ず借金は免除になるんでしょうか?

ギャンブルや投資でも?

免責不許可事由というのがあります…

管財事件ってなに?

管財事件ってどういう意味でしょうか?破産管財人が選任される!

破産には同時廃止事件と管財事件があります。

自己破産の費用について

お問合せはこちら

運営事務所案内

自己破産解決.com|司法書士法人黒川事務所

債務整理専門|司法書士法人黒川事務所(渋谷駅3分)

  • 自己破産の手数料20万円(税別)
  • 着手金なし 相談無料
  • 分割払いOK
  • 債務整理の実績豊富

無料相談はこちら

0120-913-596

平日10時~21時:土日10時~17時:祝日休み】