自己破産の専門サイト【東京・横浜版】 自己破産のメリット・デメリットから必要な費用・報酬、手続き関係までわかりやすく解説いたします。

東京・横浜・千葉・埼玉で安い費用で自己破産をお探しなら

自己破産解決.com

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-7-3 第1野口ビル6階
                  司法書士法人黒川事務所

0120-913-596

相 談
受付時間

平日10:00~21:00
土日10:00~17:00
祝日 休み

自己破産に関する相談は自己破産解決.com

管財事件になる場合

自己破産を申し立てると、裁判所により同時廃止事件と管財事件に振り分けらます。

管財事件になるケースとは?管財事件になったら破産管財人が選任されて予納金が高額になる!

同時廃止と管財事件

自己破産は2つの手続きに分類される!
  1. 同時廃止事件(同時廃止とは、債務者に財産が無いことが明らかな場合に、破産手続開始決定と同時に破産手続きを終了させることです。この場合は破産管財人は選任されません。)
  2. 管財事件(管財事件とは、裁判所が破産管財人を選任し、破産者の財産を処分し、債権者に配当する破産手続きです。)
この2つの違いは?
個人の自己破産の場合は同時廃止事件が多い!
(財産を有してないことが多いので)

管財事件になる場合とは

東京地裁の基準

  1. 33万円を超える現金を保有している場合
  2. 20万円を超える資産を有している場合
    (預金、生命保険の解約返戻金など)
  3. 20万円をこえる資産の有無を調査する必要がある場合
    (現在又は過去に個人事業をしていた、一部の債権者に弁済した、など破産管財人の調査が必要な場合)
  4. 免責の調査の必要がある場合
    (免責不許可事由の存在が明らかであって、裁量免責について破産管財人の調査が必要な場合)
  5. 法人の代表者や個人事業主等の場合
管財事件になった場合は?
  • 司法書士が書類を作成し、本人申立てをした場合は、予納金が50万円かかる!
  • 弁護士が代理人になって申し立てをしていれば、予納金は20万円!

管財事件の場合は、弁護士に依頼した方が安い!!

自己破産の手続きに関するその他の記事

自己破産の手続き期間はどれくらい?

依頼したらどれくらいの期間で手続きは終わるのでしょうか?

目安は約1年ですが…)

手続きの流れを説明しています。

必ず免除されるんでしょうか?

自己破産すれば必ず借金は免除になるんでしょうか?

ギャンブルや投資でも?

免責不許可事由というのがあります…

同時廃止と管財事件の比較

できれば同時廃止がいいけど…管財事件になると何が違うの?

自己破産に必要な書類

裁判所に提出する書類は?

通帳・給与明細・保険関係の書類・退職金関係の書類など色々あります!

自己破産しても免除されない債務

非免責債権という自己破産をしても免除されないものがある。

養育費・税金など

自己破産以外の解決方法

自己破産を検討したけど、ほかにも解決方法はある?

任意整理・個人再生・時効の援用など

自己破産の費用について

安い費用で自己破産はこちら

お問合せはこちら

ご相談・ご依頼はこちらから

運営事務所案内

自己破産解決.com運営事務所紹介

自己破産解決.com|司法書士法人黒川事務所

債務整理専門|司法書士法人黒川事務所(渋谷駅3分)

  • 自己破産の手数料20万円(税別)
  • 着手金なし 相談無料
  • 分割払いOK
  • 債務整理の実績豊富

無料相談はこちら

0120-913-596

平日10時~21時:土日10時~17時:祝日休み】