自己破産/個人再生の専門サイト メリット・デメリットから必要な費用・報酬、手続き関係までわかりやすく解説いたします。

自己破産・個人再生解決.com

自己破産・個人再生をわかりやすく解説

免責不許可事由|自己破産をしても借金が免責されない場合がある?

自己破産の手続きは、裁判所から免責の許可をもらってはじめて借金はなくなります


しかし、誰でも免責の許可が下りるわけではありません。
 
自己破産をしても(免除されないケース)もあります。

免責不許可事由という免除してはいけないケース

自己破産をしても、一定の事項に該当すると借金が免除(免責)されない可能性があります。

免責不許可事由の例

  • 高額な買い物やギャンブルで借金を大幅に増やした場合
  • 債権者をだまして借入をした場合
  • 財産に関する書類を隠したり、偽造したり、変造したような場合
  • 自分の財産を隠した場合
  • 虚偽の債権者一覧表を裁判所に提出した場合
  • 一部の債権者だけに返済をした場合
  • 自己破産の手続きにおいて、説明を拒んだり、虚偽の説明をした場合
  • 過去7年以内に自己破産で免責を受けたことがある場合
実は、免責不許可事由があっても最終的には裁判官の判断で免責されるケースは多い

免責不許可事由がある場合でも、裁判官が、自己破産する人の様々な事情を踏まえたうえで、免責許可決定をすることができるかどうか判断します。

 

この場合は、破産管財人がつく管財事件になる可能性が高くなります。
まずは、「自己破産はできない」と決め付けず、専門家に相談しましょう。

司法書士法人黒川事務所

お気軽にご連絡ください。

03-5830-6631
所在地

(渋谷オフィス 渋谷駅3分)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階

(梅田オフィス 西梅田駅5分)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階

(横浜オフィス 横浜駅5分)
横浜市西区北幸2丁目5-13
西口幸ビル505


(上野オフィス 上野駅5分)
東京都台東区東上野4丁目6-5
日比谷不動産ビル1階

営業時間

平日10時~20時
土日10時~17時
(祝日休み)