自己破産の専門サイト【東京・横浜版】 自己破産のメリット・デメリットから必要な費用・報酬、手続き関係までわかりやすく解説いたします。

東京・横浜・千葉・埼玉で安い費用で自己破産をお探しなら

自己破産解決.com

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-7-3 第1野口ビル6階
                  司法書士法人黒川事務所

0120-913-596

相 談
受付時間

平日10:00~21:00
土日10:00~17:00
祝日 休み

自己破産に関する相談は自己破産解決.com

自己破産にかかる期間は?

自己破産の手続き期間は、申立てを行う裁判所によっても異なりますが…

①まず、裁判所に申し立てるまでに準備する期間(費用の積立や書類を集める期間)【約半年】

②次に、裁判所に申し立ててから免責されるまでにかかる期間(実際の裁判所の手続きの機関)【約半年】

上記の2つの期間の合計(約1年)が自己破産に必要な期間です。

自己破産にかかる期間は?

目安は1年くらい。自己破産手続きの流れは、以下の通りです。

依頼から債務がなくなるまでのながれ

自己破産の専門家に問い合わせする

インターネット等で信頼できそうな弁護士や司法書士を探そう。

ポイントは…

自己破産に詳しいか?

②費用が高くないか?

③夜間や土日も相談できるか?

自己破産の手続きは、何度も事務所に足を運ぶ必要があるので、行きやすい場所・営業時間が長いことも重要

事務所に行き相談する(説明・契約)

実際に会って話を聞く

自己破産のデメリット・手続きの流れ・費用の説明・集める書類についてなど

そして信頼できそうなら契約する。

 

ポイント…

依頼をしたら毎月の返済はストップします。

債権者からの取り立てもストップします。

費用の積立てと書類集め

依頼をしたら必要な書類を集めるための指示がでますので、書類を集めます。

住民票・通帳2年分・給料明細2か月分・源泉徴収票1年分・毎月の家計簿・賃貸借契約書など

並行して、費用を分割で支払います。

(一括払いの事務所もありますが、分割で払える事務所を探しましょう)

ポイント…

書類集めと費用の分割払いの期間の目安は6か月。この期間になんどか事務所に足を運び、打ち合わせをします

裁判所へ自己破産の申立

裁判所に自己破産を申し立てます。

ここからが自己破産の手続きですが、実際に大変なのは書類集めです。

書類がきちんと揃っていれば手続きが進んでいきます。

裁判官に会いに行く(1回から2回)破産審尋

指定さられた日時に裁判所へ出頭し、裁判官に会います。

時間は10分から30分程度ですが、平日に昼間です。

提出した書類について聞かれたり、自己破産の手続きについて聞かれたりします。

破産手続き開始決定、同時廃止決定

借金が返済できない状態であると裁判官が認定すれば、破産手続きが開始される決定がでます(破産手続開始決定)。

また、財産も免責の調査も必要がないと判断されれば、同時に破産手続きが廃止される決定がされます(同時廃止決定)。

免責手続き(免責審尋)

  • 破産審尋と同じで、裁判所で裁判官と面接をします。
  • 免責を申立てる理由などを聞かれます。
  • 多くの場合、他の自己破産申立人と一緒に、集団で裁判官の話を聞くだけです。

免責決定確定(依頼から約1年)

一連の自己破産の手続きが終われば、免責(債務を支払わなくてよくなる)されます。

自己破産を申立ててから免責まで、約6か月が目安です。

今後7年間は再度の自己破産はできなくなります。

人生を再スタートしましょう。

自己破産の手続きに関するその他の記事

同時廃止と管財事件の比較

できれば同時廃止がいいけど…管財事件と何が違うの?

自己破産に必要な書類

裁判所に提出する書類は?

通帳・給与明細・保険関係の書類・退職金関係の書類など色々あります!

自己破産しても免除されない債務

非免責債権という自己破産をしても免除されないものがある。

養育費・税金など

自己破産の費用について

安い費用で自己破産はこちら

お問合せはこちら

ご相談・ご依頼はこちらから

運営事務所案内

自己破産解決.com運営事務所紹介

自己破産解決.com|司法書士法人黒川事務所

債務整理専門|司法書士法人黒川事務所(渋谷駅3分)

  • 自己破産の手数料20万円(税別)
  • 着手金なし 相談無料
  • 分割払いOK
  • 債務整理の実績豊富

無料相談はこちら

0120-913-596

平日10時~21時:土日10時~17時:祝日休み】