自己破産/個人再生の専門サイト メリット・デメリットから必要な費用・報酬、手続き関係までわかりやすく解説いたします。

自己破産・個人再生解決.com

自己破産・個人再生をわかりやすく解説

自己破産したら官報に載る!どんな不利益が?

自己破産をしたら官報に掲載されるって言われますが、実際にはどういうことでしょうか?

官報はどこで確認できる?誰が見ているのか?について説明します。

官報に載ったら、破産をしたことが周りにバレるのか

官報に載ると不都合がある?

自己破産をしたら、「官報」に載ります。


官報というのは、国が出している公報紙で、法改正・省令・規則の情報、国家試験の合格者の発表や破産情報などが載り、毎日発行されているものです。

通常の書店には売っておらず、政府公報センターで売っています。

また、インターネットでも直近30日分がPDF形式で見ることが可能です。

 

一般の人は官報という存在自体知らない人が多いので、官報を見て自己破産をしたことが知られてしまう可能性は高くはありません。

 

ただし、官報の自己破産情報を見て、ヤミ金融などから勧誘の電話やダイレクトメールがご自宅にが送られてくることもあるようです。

官報に載るってどいうことか?

自己破産を行うと官報に自己破産を行った人の名前、住所が記載されます

破産開始決定時と免責決定時の合計2回(2日)のります。

 

官報の目的は、あくまでも「債権者がいたら名乗り出てください」という債権者の保護にあり、破産者を晒す趣旨ではありません。

官報に載ることはデメリット?

そこまでデメリットとは言えません

上記のように自己破産のことが官報に載っても一般の個人はだれも見ていません。

せいぜい金融機関の専門の部署や名簿業者です。

 

無職の場合や通常の会社員であれば、官報に載ることはあまりデメリットにはなりませんのでそこまで気にする必要はないと考えます。

 

ただし、名簿を集めている業者は存在しますので、名簿業者に問い合わせて「住所と氏名」を特定して検索してもらえば、過去の自己破産の有無を調べられてしまうケースもあります。

破産者マップ事件というのを聞きました

現在は閉鎖されたようです

官報の情報から破産者の住所氏名を調べインターネットの地図上に表示させた事件です。

すぐに問題になり閉鎖されました。

詳しくはこちらWikipedia

司法書士法人黒川事務所

お気軽にご連絡ください。

03-5830-6631
所在地

(渋谷オフィス 渋谷駅3分)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階

(梅田オフィス 西梅田駅5分)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階

(横浜オフィス 横浜駅5分)
横浜市西区北幸2丁目5-13
西口幸ビル505


(上野オフィス 上野駅5分)
東京都台東区東上野4丁目6-5
日比谷不動産ビル1階

営業時間

平日10時~20時
土日10時~17時
(祝日休み)