自己破産/個人再生の専門サイト メリット・デメリットから必要な費用・報酬、手続き関係までわかりやすく解説いたします。

自己破産・個人再生解決.com

自己破産・個人再生をわかりやすく解説

同時廃止と管財事件の違いは?

自己破産を裁判所に申し立てると、裁判所は同時廃止か管財事件に手続きを振り分けます。

主に、破産を申し立てる人に「ある程度の財産があるか」で同時廃止か管財事件にわかれます。

 

破産手続きの大原則は、破産管財人が財産を処分して債権者に分配し、残った(支払いきれない)債務を免責してもらうという手続きです。いわゆる「管財事件」です。

 

ただ、財産と呼べるような財産を持っておらず、免責不許可事由にも該当していないような場合には、財産を換価処分せずに破産の開始決定と同時に破産の手続きを終結させる場合もあります。

こちらを「同時廃止」といいます。

 

個人の方の場合、既に預貯金などは使い果たし、資産も現金にして支払いに当てており、財産等はほとんどない状態の人が多いでしょう。

この場合は、同時廃止の割合が多くなりますが、裁判所の運用によっては管財事件になることもあります。

同時廃止と管財事件の違いは?

個人の方が自己破産を申し立てるケースでは、財産がないケースでは同時廃止がメインになります。

破産管財人が選ばれるかどうか。

個人の方が自己破産を申し立てる場合に、管財事件になり破産管財人が選任されると、費用が高額になります。

破産管財人の費用は20万~50万円が目安です。

同時廃止か管財事件か自分で選べますか?

財産がない場合は、申立て時点では同時廃止を希望して申し立てることになりますが…

最終的には裁判所が判断します

同時廃止か管財事件の振り分け基準がありますが、最終的には、裁判官の判断によります。

同時廃止のメリット

手続きにかかる期間が短い

同時廃止事件の場合は、破産手続きを開始すると同時に破産手続きを終了させ免責手続きに移行しますので、借金を免除(免責)されるまでにかかる時間を短縮することができます。

管財事件に比べて費用が安い

同時廃止事件においては、管財人が選任されないため、管財費用も発生しません。手続きにかかる費用も抑えることができます。

一方、破産手続開始決定を受けたあと、破産者にある程度の財産があれば、破産管財人が選任され、破産者の財産を調査して、すべての債権者に公平に分配できるように手続きを行うのが「管財事件」です。

 

 東京地裁などの場合は簡易的な「少額管財事件」という取り扱いになることが多く、個人の破産手続きの場合に通常の管財事件として取り扱われることはそれほどありません(弁護士が代理人となって申し立てた場合)。

少額管財とは?

通常の管財事件と同様に破産管財人が選任され、きちんとした調査が行われますが、調査の結果、債権者に分配するほどの財産がないとみなされた場合は、債権者に分配を行うことなく手続きが終結することになります。

 

たとえば、免責不許可事由に該当する可能性があるため、「同時廃止」では手続きをすることはできないけれど、通常の「管財事件」では時間と費用もかかってしまうというような場合に「少額管財」という手続きになることがあります。

 

ただし、この少額管財の制度が利用できるのは、弁護士が代理人となった場合のみに限られます。

司法書士法人黒川事務所

お気軽にご連絡ください。

03-5830-6631
所在地

(渋谷オフィス 渋谷駅3分)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階

(梅田オフィス 西梅田駅5分)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階

(横浜オフィス 横浜駅5分)
横浜市西区北幸2丁目5-13
西口幸ビル505


(上野オフィス 上野駅5分)
東京都台東区東上野4丁目6-5
日比谷不動産ビル1階

営業時間

平日10時~20時
土日10時~17時
(祝日休み)