自己破産/個人再生の専門サイト メリット・デメリットから必要な費用・報酬、手続き関係までわかりやすく解説いたします。

自己破産・個人再生解決.com

自己破産・個人再生をわかりやすく解説

自己破産をしたら自動車はどうなる?

自己破産をしたら財産が処分されるのが原則です。車も財産になりますので処分の対象になります。

ただ、高額な財産のみ処分されることになりますので、車は価値によっては残せることもあります。

(ローンが残っている場合は、所有権留保が付いていればローン会社に車両が引き上げられますので残せません)

 

価値の目安は20万円以上の価値があるかどうかですが、「普通自動車の場合は6年」「軽自動車の場合は4年」経過していると価値なしとして査定の必要はなく自動車は残せる可能性が高くなります。

ローンが残っている自動車は債権者により引き上げられる

自動車をローンで購入している場合は、ローン会社による所有権留保がついているケースがほとんどです。

 

その場合は、自己破産の手続きを専門家に依頼し、専門家が債務整理開始通知をローン会社に送付したら、ローン会社は引き上げの手続きに入ります。

 

所有権留保がついているかどうかは、車検証や契約書で確認できます。

ローンがない自動車は車の価値次第では残せることも

現金で購入した自動車・債務を完済している自動車・所有権留保がついていない自動車の場合は、自己破産をした場合どうなるのでしょうか?

 

査定して20万円以上の価値があれば、管財事件の対象になり処分されることになりますが、査定の前に初年度登録から何年たっているか車検証で調べる必要があります。

 

普通自動車の場合は6年、軽自動車の場合は4年経過している場合は、価値なしとして査定の必要はなく自動車は残せる可能性が高くなります。

初年度登録から普通自動車は6年、軽自動車は4年が価値があるかの目安(東京地裁)
自己破産と自動車のはなし

東京地裁の基準では、初年度登録から普通自動車の場合は6年経過しているか?軽自動車の場合は4年経過しているか?が目安です。

 

経過していない場合は、買い取り業者の査定が必要になります。

(輸入車等の高級車は上記期間を経過していても査定が必要)

査定の結果20万円以上の価値がある場合は、処分の対象になります。

車を残す方法はあるの?

所有権留保がついている場合やついていなくても20万円以上の価値がある場合は原則として残すことはできません。

それを回避しようと、自己破産前に自動車ローンだけ自分で一括返済するというのはありでしょうか?

 

答えは、「なし」です。偏頗弁済といって一部の債権者だけ有利に返済したことになり、免責が受けれなくなる可能性があります。

家族名義の車はどうなりますか?

家族名義の車は自己破産とは無関係なので引き上げられることはありません。

 

ただし、自己破産前に家族名義に名義変更をすると財産隠しと指摘される可能性がありますのでやめましょう。

免責されない可能性があります。

司法書士法人黒川事務所

お気軽にご連絡ください。

03-5830-6631
所在地

(渋谷オフィス 渋谷駅3分)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階

(梅田オフィス 西梅田駅5分)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階

(横浜オフィス 横浜駅5分)
横浜市西区北幸2丁目5-13
西口幸ビル505


(上野オフィス 上野駅5分)
東京都台東区東上野4丁目6-5
日比谷不動産ビル1階

営業時間

平日10時~20時
土日10時~17時
(祝日休み)